2017年05月14日

祝30周年!エレカシの極私的30曲(16)夢のかけら

季節は夏から秋へ、鮮やかに変わるような曲でした。

エレカシの極私的30曲という短期連載記事を書いています。今回は16回目。
アルバム『愛と夢』の先行シングルだった「夢のかけら」をお送りします。

前作のシングル「はじまりは今」はブレイク期の余韻を残している曲でしたので
この曲を最初に聴いた時にも、その余韻で聴いていたような記憶があります。
それは、オープニングのフレーズ(サビ始まりなんですこの曲)「夢のかけら僕らは/
いつまでも追いかけるのさ」という前向きなフレーズにも引きずられていたのかも。

ただ、今聴いてもらえると分かる通り、明らかにモードが変わったことを告げる曲
ですよね。ちょっと黄昏てしまっているというか。それを「夏から秋へ」と冒頭で
例えたわけですが。秋風が吹き始めたことに気づかずに、次のシングル「ヒトコイシクテ、
イヲモトメテ」でギョッとするという(笑)。あれは「冬の曲」というくらい、暗い曲
ですからねえ。(そしてアルバム「愛と夢」も非常に黄昏たモードになっている)

「夢のかけら」に戻ると、この曲実は結構複雑な構成をしているんですよ。頭サビの後
なかなかサビにいかない。Aメロ〜Bメロ〜Aメロ〜Cメロと来てサビ(つまりDメロ)
になるんですね。そして2コーラス目もAメロ〜Bメロと来てギターソロ(ただバックは
Aメロなので、1コーラス目と同じ構成でボーカルが抜かれたものと考えることは出来る)
の後、Cメロが倍の長さになり、最後のサビも倍の長さになる。Cメロとサビが倍の長さに
なるに従って、つなぎのような部分が出来ているのですが、それがまたハッとするような
絶妙なつくりなんですよ。そこも、魅力的なんです。

今振り返ると、この時期のエレカシはブレイク疲れもありつつ、より文学志向に走りたい
作家宮本の本能と、大衆的でありたいという意志とがせめぎ合う、実は結構スリリングな
時期でもありまして。それがある種混乱したような楽曲のトーンとなっていて、そこが
不思議な魅力を放っている。そんなアルバムだという印象です。いつも聴きたいアルバム
というわけではないのですが、私自身も混乱しているときに、たまらなく聴きたくなる
(そんな時には普通に前向きな曲に食指が動かないものです)時があります。
posted by なんくい at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする