2017年05月15日

ウルフルズ25周年の到達点

最近ベテラン勢が元気ですね。明日お送りする予定の記事も
ベテランですが、今日のウルフルズと性質がかなり異なるので
別記事にします。

ウルフルズ25周年のオリジナル・アルバム「人生」が最高傑作
であるという情報が今年に入って聞こえてきました。まあ再結成
以後の好調ぶりを考えると当然だろうという気もしますが。

そしてアルバムからリード曲「バカヤロウ」が公開されました。
(ラジオでは少し前から聴けたのですが)




まあいい曲だけども少し地味だな。そう思われるかも
知れませんね。実は私もそうでした。でも今なら自信をもって
言えます。この曲こそ、ウルフルズが25年の年月を経て辿り
着いた到達点だと。ただし、5回は聴け。意外と効きが遅いぞ。

この曲はどちらかというと古参のファン向けというか、
ウルフルズと共に人生を歩んできた人向けの曲かも知れません。
あるいはかつてファンだった人、あるいはウルフルズはみんな
名前は知ってるでしょうから、30代以降の人向けの名曲かな。
(だから25周年、ということもあるのでしょうね)

この曲の意義とか、そういう分析的なことは別の機会にします。
とにかく、今日はこの曲を皆さんと分かち合いたいです。
いいか、5回は聴けよ。
タグ:ウルフルズ
posted by なんくい at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする