2017年07月31日

《リニューアル》当ブログはファンキー末吉さんを応援します!

このブログ「ドレミファソランド」は、音楽が好き過ぎる私なんくいが、
音楽に関する様々な事項を取り上げております。色々な連載がありますし、
それぞれが興味を持つことを勝手に読んで下さって結構なのですが、それを
読んで興味を持って頂けるなら、是非とも現状の音楽に関する重要な問題に
目を向けて欲しい。そう願ってトップページを2014年1月からこの形式にしております。
(一審の判決が出るか、別の大きな動きがあるまではこの形です)

それは、著作権の問題です。

最近、TPPで著作権の問題がニュースにもなり、一部でにわかに関心を持たれて
いますよね。この問題についても論陣を張りますし、ささやかながら広めていく
ための試みもやっていこうと考えています。(その件に関しては、本文の末尾を
ご覧ください)それと同時に、著作権に関しては表題にあるファンキー末吉さんの
裁判の問題を、避けては通れません。

ファンキー末吉さんは現在、JASRACに訴えられて裁判で係争中です。その詳しい
経緯は支援の会のHPなどに詳しいです。私もこの問題については裁判になる前に記事
書いています。この問題は、JASRACによる著作権料の分配方法に疑問を持った
ファンキーさんが、その透明性を求めているものです。(それが何故JASRAC側から
訴えられるのかは、HPで経緯をご覧下さい)この問題は音楽文化全体を考える上でも
重要な意味を持ちます。そこで、皆さんにお願いしていることは先ず3つです。
 ・先ずはファンキーさんを支援するための「募金」(こちらに方法があります)
 ・この問題や、関連する問題も含めて深く知ること
 ・この問題を、他の人に伝えること(いろいろあるのでお任せします)
  ↑Twitterなどで拡散するのも一つの方法でしょう。関連記事を私に教えて下さるのも
   助かります。このページの追記などで紹介します。
この記事の後ろの「ファンキー末吉支援者の会」のバナーの後ろの「続きを読む」を
クリックして頂くと、この記事の履歴や関連記事などを紹介しています。そちらも
読んでいただけると、より深く知っていただけると思います。

そして。2014年12月に新たな試みがスタートしました!
RIS:演奏曲目入力システム|日本の音楽これで委員会
こちらの説明の方が分かりやすいかも知れません。
「演奏曲目入力システム」をはじめます!

裁判の支援を通じてJASRACの問題点を告発していく、いわゆる「ダメ出し」的なアプローチ
(これも大事ですよ!)だけでなく、その問題点を補う建設的な試みをしよう、という
新たな動きになってきているんですよ。その可能性についてもいくつか記事を書かせて
頂いています。(追記をご覧下さい)

さらに、この裁判を支援しようということで、私曲を作りました。詳しくはこの記事を
ご覧頂きたいです。
ファンキー末吉さん支援ソングを「みんなの歌」にしてください!


つまり、音楽を使って楽しむことで、裁判を支援するという新しい方法の提案です。何か
面白そうだなあ、という方は是非ご参加ください。それがJASRACや関連団体を変えて
いくことや、ひいては音楽文化をより豊かにしていくことだと信じます。

ついでに。20147年4月から結婚式で音楽をかけると使用料が徴収されます。その経緯などは
このリンクを読んで頂きたいのですが、この事実にも風刺ソングという方法で対抗します。
ISUMマンセー・ソング完成しました!

さらに、TPPの問題についてもこのページから最新情報を得られるようにしておきます。
是非、世論を盛り上げて「著作権の問題」を私たちの手に取り戻したい。そのために
TPPに関連する運動も、非常に重要性が高いと私は考えております。

音楽っていろんな楽しみ方の出来る深いものです。その楽しみを多様に味わっていただく
記事が以下に続きます。その楽しみ一つ一つも、この裁判の問題とつながっていることを
心の片隅に置いてもらえると、大変ありがたいです。

fs_support200_100.jpg続きを読む
posted by なんくい at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

祝30周年!エレカシの極私的30曲(27)約束

あと4曲になりましたエレカシの極私的30曲。アルバム「悪魔のささやき〜
そして、心に火を灯す旅〜」の後は、シングル「大地のシンフォニー」が
ありました。



この「大地のシンフォニー」もメロディックなバラードの系譜にありながら、
宇宙的なスケールの大きさを感じさせる名曲なんですが、今回取り上げるのは
そのカップリング曲である「約束」です。「出た、またなんくい得意のひねり趣味
だろ」とお思いかも知れません。確かにそういう面もあるかも知れません。しかし、
この「約束」は、長くエレカシを愛した人ほどグッとくるに違いない大名曲なんです!



先ず、何といっても宮本さんのボーカル。いや非常にボーカリストとしての評価の高い
お方ですけども、その中でも情感を込めて歌われる、世紀の名唱だと思います。特に
抑えたところの歌がメチャクチャくるんですよね。

そして、堂々としたミディアム・テンポのビートに乗って、比較的モノトーンに綴られる
この曲の曲調も、この曲では拡張を高める役割を果たしていると思います。静かに、でも
だからこそ強く深く歌われる思い。

ここで歌われるのは、過去の約束を今も貫いていくという時間の流れと共に、今も変わらない
思い。それが、彼らの歩みと相まって感動を生んでいる。そこが、この曲のキモだと考えます。

エレカシの歩みは、決して順調だったわけではなく、むしろ色んな恥辱に塗れたり、反対に
喜びに我を忘れたり、非常に凸凹の多い道を歩んできたと言えましょう。活動スタンスや
音楽性だって、長い歴史の中で色んな時期がありました。

そんな中でも、この歌で歌われているような「今よりも素晴らしい明日」を、それこそ
「燃えるような熱い想い」で求め行動してきた。その意志だけはずっと高いまま保持
してきた。いやむしろ、求めてきた理想が高いからこそ、凸凹な道になっていったし、
彼らのスタンスだって色んな変遷をとげてきた、と言ってもいいのかも知れません。

そんな、熱い想いに貫かれた彼らの歩みを証(あか)すような一曲が、この「約束」だと
私は考えます。これを初めて聴いた時、宮本さんの、いやエレカシの4人の魂は、長い
旅路を経てここへ行き着いたのだと、感動に打ち震えたことを今でも覚えています。
(というより、今でもこの曲を聴けば、その感動がよみがえってきます)

次回は、そんなエレカシの集大成と言えるアルバム「MASTERPIECE」からお送りします。
posted by なんくい at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

OKAMOTO'S新曲はHip Hop勢への回答?

最近アイドルかベテランしか取り上げていないこのドレミファソランドです。
いやバンドもの取り上げたいんですけどね。なかなか若いイキのいい人達が
いなくて。実は「サチモス独り勝ちを何とかしたい」なんて記事も考えている
んですが、それで前に取り上げたことのあるバンドを取り上げてもなあ、と
思いますし。(でも髭ダン以外はあまり元気がないのも事実。なので応援の
意味でも取り上げるってことを考えてもいいかもですが。Shiggy Jr.は次の
アクション待ち)

というわけで、今回は久々のバンドもの。といってもOKAMOTO'Sはもう中堅になる
のかなあ。各メンバーのプレイヤビリティは申し分ないし、キャラクターも充分
立ってる。曲もいい。後は、突き抜けた楽曲だけだろう、という状況がもう何年も
続いているように感じます。

ところが! この度公開された新曲が、その「突き抜けた楽曲」にいよいよ手を
かけたのか、と思えるほどの手ごたえを感じさせる出来なんですよ。(いや曲は
ずっと良かったんだけどね。改めて言うけど)



どうですか。ちょっと今どきのバンド勢から頭2つくらい抜けてきた感がしませんか?
この背景には昨今のHip Hopブームに対する彼らなりの回答、という面があるのでは
というのが私の見立てなんです。

実はこの前に、ラッパーのフューチャリングものをやっているんですよ。


これもラップが入っているパートでC#min7-5のコードが入り込んでくる辺りに
いい違和感が入り込んで、なかなかの効果を生んでいますよね。

彼らのことだから1990年代のレッチリやレイジがやってきたアプローチは充分に
分かっているでしょう。今回の楽曲群も基本的にはそのフォーマットを踏襲して
いますし。ただ、そこにプラスして今のHip Hop勢にシンクロしていこうという
動きは、案外今の新しい人達って少ないように感じます。ベテランは相変わらず
盛んですけどね。

そういう意味では、色んな人達との共演も多い彼らのことですから、そういう他者との
交流が自分たちの活動によいフィード・バックをもたらすということが、当然あって
然るべきだろうとは思います。その機が、いよいよ熟してきたのかな。

何となく今回のシングルは、かつてウルフルズが「大阪ストラット」をリリースした
状況と被るものをかんじます。となると、彼らにとっての「ガッツだぜ!」「バンザイ」
を待つばかり、ということになりますが、アルバムの発売も間もないですし(今回の
新曲はそのリード曲)彼らには最大級の注目をしていきたいです。
タグ:OKAMOTO'S
posted by なんくい at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする