2017年07月15日

リリスク、プラチナ期の始まりか?

この記事は、先日アイドル横丁での彼女達のライブ動画を見て、不覚にも泣いて
しまったことから書こうと思って書く記事です。

lyrical schoolは皆さんご存知のアイドル・ラップグループ。というよりその
アイドル・ラップの草分け的存在として、そのひな形を作ったというシーンへの
功績の大きいグループです。記憶に新しいところでは、去年のメジャー1stシングルの
MVが大変話題になるという痛快事もありました。


ところが。今年の2月にオリジナルメンバー達がこぞって卒業。途中加入のminanさん
himeさんの2人だけになってしまうのです。それと共に新メンバーの公募も始まった
のですが、実は矢口真里の火曜The Nightに2人だけで出てるのを見て、2人だけで
全然成り立っているのを見て「ここに下手な人が入るのもヤだなあ」くらいに思って
おりました。

なので件の動画も半信半疑で見始めたんですよ。ですが、思いもよらず持っていかれた。
こんな短期間でここまで仕上げてくるんだ!

先ず新メンバーが躍動している。3人3様の個性が爆発してる。特にrisanoさんは「誰この
子?」と検索かけてしまったくらい。スキルがどうというよりもステージを楽しみまくって
いるのが頼もしい。(実際よく見るとスキルの必要な部分はベテラン2人に振られている)

そしてベテランの2人。先ほど「2人だけで成り立っている」と書きましたが、そんな
安定感もありつつも、この2人も楽しさが爆発している。溜まってたんだろーな。ライブ
したかったんだろーな。そんな気持ちが溢れている。

さっきから「楽しさ」という言葉ばっか書いてるけど、それが新生リリスクのキーワード
だと思うんですよ。もちろんかつてのリリスクこそ楽しさが売りのグループで、その
パーティー感がグループの旗印でるくらいだったんですけど。その楽しさが受け継がれて
いるというか、新メンバー達に何より優先して体現させようとしたのが楽しさだった。
その辺、すごく教育がしっかししているなあと感心しますね。ベテランの2人も背中を
見せるという意味では、率先して楽しんでいる印象があって、好感が持てます。

そういうリリスクのイズムを継承していくという意思の元生じている楽しさだからこそ、
新生リリスクの楽しさには「泣ける」という要素が入ってくるのだと考えます。

オリジナルメンバーがいなくなって続く、という意味ではモーニング娘。の道を歩み始めた
lyrical schoolがどんなストーリーを紡いでいくのか、これからも要注目でしょう。

新生リリスクの第1弾シングル。今年を象徴しそうなサマー・チューンですよ。
タグ:lyrical school
posted by なんくい at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする