2017年07月17日

OKAMOTO'S新曲はHip Hop勢への回答?

最近アイドルかベテランしか取り上げていないこのドレミファソランドです。
いやバンドもの取り上げたいんですけどね。なかなか若いイキのいい人達が
いなくて。実は「サチモス独り勝ちを何とかしたい」なんて記事も考えている
んですが、それで前に取り上げたことのあるバンドを取り上げてもなあ、と
思いますし。(でも髭ダン以外はあまり元気がないのも事実。なので応援の
意味でも取り上げるってことを考えてもいいかもですが。Shiggy Jr.は次の
アクション待ち)

というわけで、今回は久々のバンドもの。といってもOKAMOTO'Sはもう中堅になる
のかなあ。各メンバーのプレイヤビリティは申し分ないし、キャラクターも充分
立ってる。曲もいい。後は、突き抜けた楽曲だけだろう、という状況がもう何年も
続いているように感じます。

ところが! この度公開された新曲が、その「突き抜けた楽曲」にいよいよ手を
かけたのか、と思えるほどの手ごたえを感じさせる出来なんですよ。(いや曲は
ずっと良かったんだけどね。改めて言うけど)



どうですか。ちょっと今どきのバンド勢から頭2つくらい抜けてきた感がしませんか?
この背景には昨今のHip Hopブームに対する彼らなりの回答、という面があるのでは
というのが私の見立てなんです。

実はこの前に、ラッパーのフューチャリングものをやっているんですよ。


これもラップが入っているパートでC#min7-5のコードが入り込んでくる辺りに
いい違和感が入り込んで、なかなかの効果を生んでいますよね。

彼らのことだから1990年代のレッチリやレイジがやってきたアプローチは充分に
分かっているでしょう。今回の楽曲群も基本的にはそのフォーマットを踏襲して
いますし。ただ、そこにプラスして今のHip Hop勢にシンクロしていこうという
動きは、案外今の新しい人達って少ないように感じます。ベテランは相変わらず
盛んですけどね。

そういう意味では、色んな人達との共演も多い彼らのことですから、そういう他者との
交流が自分たちの活動によいフィード・バックをもたらすということが、当然あって
然るべきだろうとは思います。その機が、いよいよ熟してきたのかな。

何となく今回のシングルは、かつてウルフルズが「大阪ストラット」をリリースした
状況と被るものをかんじます。となると、彼らにとっての「ガッツだぜ!」「バンザイ」
を待つばかり、ということになりますが、アルバムの発売も間もないですし(今回の
新曲はそのリード曲)彼らには最大級の注目をしていきたいです。
ラベル:OKAMOTO'S
posted by なんくい at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする