2017年08月12日

FSD絡みの音源を何曲か紹介

すみませんねなかなか更新できずに。またちょっとごぶさたしますので、
ちょっと大急ぎで何曲か紹介する記事をドロップしますね。

フリースタイル・ダンジョン、皆さん観てますか? すごいことになって
いますよね。私も番組のファンなのでいくらでも語れますけども、初代の
モンスター達が卒業し、新しいモンスターが徐々に発表されてきている
という現在、新旧モンスターや、番組で名をはせた人達の音源をいくつか
紹介します。いや、バトルも盛り上がるけども、是非音源も聴いてほしいな。

最初は、フリースタイル・ダンジョンの中にライブ・コーナーがあるんですけど、
そこで見てぶったまげた輪入道の「徳之島」晴れてアナログ・リリースです。
パチパチパチ!



いかがですか? ちょっとウルッと来ちゃいますよね。でも、実はライブテイク
の方がこれの10倍くらいいい(生で聴くともっといい、というウワサ!)ですから、
是非そちらも探して聴いてみてくださいね。

輪入道さんは、新モンスターかも知れないと取りざたされていますが、果たして?
それは、間もなく分かります。(でも以前でも「隠れモンスター」などで出てます
けどね)

続いては、こちらは新モンスターとして既に発表された呂布カルマさん。彼がモンスター
のオファーを受けるとは思っていなかったので、ちょっと胸アツですね。



非常に深い、考えさせられる世界観ですよね。バトルで冷静に相手の弱点を突く
呂布さんもいいですけども、個人的にはこういう文学的な彼がタマラナイですね。

コントロバシーなトラックで言えば、今年リリースされた旧モンスターDOTAMAさんの
この曲が、やはり出色でしょう。



旧モンスターの間では戦略家として、挑戦者の情報などを調べ上げて仲間たちに
レクチャーしていたなんてアツい面も持つDOTAMAさん。今後はこういう音源でシーンに
そのクレバーさを存分に発揮して頂きたいですね。期待大です!

続いては、ラスボス般若さんとの熱闘も印象的だったNAIKA MCさん。バトルで般若さんに
「音源を出せ」と言われたその公約を守るかのように、激カコイイ新譜を出しましたよ。



バトルでは熱さがウリの人ですが、音源は一転クールで、こちらのNAIKAさんもいいですね。

続いては、こちらも新モンスターとして発表された裂固さん。若くして非常な苦労人である
彼ですが、最近の活躍は正しく快進撃というに相応しいでしょう。こちらの曲も、今年早々
iTunesのHip Hopチャートで1位になっています。



非常に王道な魅力を持つラッパーですが、そんな彼の表現が新世代として若いリスナーを
どう掴んでいくのか。(俺らおやじ世代には間違いなく支持されるでしょう)注目したいです。

バトラーだけでなく、審査員にも光を当てましょう。某深夜番組で意味不明ないじられ方を
しているwwKen The 390さん。(佐久間という本名から採っているそうですこの名前)。
間違いなくルックスも良い、女の子受けしそうな、でも中身は本格派のラップをどうぞ。



彼の持ち味は何といっても切れ味。そのスピード感(ただ早口という意味ではないよ。リズム感
はんぱないっしょ)は、一気に人気を博してもおかしくないと思いますね。

東のKENさんに対して西のERONEさんを挙げないわけにはいかないでしょう。彼の所属する
韻踏合組合の音源をどうぞ。(ERONEさんは最後のパートです)



今回あえてフューチャリングものを外しているので、このラインアップで聴けば
そのラッパーの多様性が楽しいかも知れませんね。ある種の猥雑さとタイトさを
両方強く感じさせてくれます。

最後は、まさかの残留(いや他に替えがいないですもんね!)ラスボス般若さん。
音源でもラスボスっぷりを満喫させてくれます。



いかがだったでしょうか。バトルが好きな方には、少しでも音源に興味を持って頂けると
うれしいです。ラップに興味ない人も、これだけ揃えれば何か引っかかってくれるのでは
ないでしょうか。日本語ラップは、まだまだ深化する!!!!!
posted by なんくい at 22:38| Comment(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする