2013年05月19日

歌ネタ王決定戦2013

歌ネタ王決定戦2013を見ました。

大会全体のことや個々のネタについては
お笑い好きの方がいろいろ語るでしょうから、
ここでは音楽の面から感想を語ることにします。

先ず特筆すべきは嘉門達夫さんの参加!
いやあ、私の中学時代の「師匠」の一人ですよ。
嘉門さんのラジオでゆがんだ音楽観を相当叩き込まれました。
(もちろんいい意味で。他にもゆがめた人はいますが)
こんなところに出るメリットのない大御所ですが、
出てくれたことに感謝したいです。
やったネタ自体は替え歌にショートコントソングといった
定番ネタで、正直勝ちに来ている感じではなかった
(どちらかというと顔見世的?)のですが。

嘉門さんの替え歌は、一つ一つはそんなに爆発力はないのですが、
畳み掛けることで笑いが起きる。その辺の処理が非常に音楽的なんですね。
その片鱗は見えたのではないでしょうか。全部替え歌で行っても良かったと思いますが。

一番笑わせてもらったのは、決勝でのななめ45°のネタ。
「お前たちの音楽、聞かせてくれよ」と言ってしまったばかりの悲劇。
相手の音楽が理解不能だった時のリアクションって困りますよね。
(コントでやった音楽自体、あまりに奇怪でしたけども)
それって音楽をめぐる笑いの「盲点」だったと思いました。
こういうところを突いてくる辺り、彼らの音楽に対する洞察の深さを感じます。
ななめ45°は1stステージのネタ(上司の説教が韻を踏んでいるというもの)
も音楽に対する理解度の高さが伺えました。
ありがちなヒップホップネタでしたけどもね。
これからも音楽ネタを続けて欲しいです。

アイロンヘッドの「野球の応援歌がバラード調だったら」というのも
音楽での異化作用を狙ったもので、ちゃんと音楽で笑わせていて好感を持ちました。
今回は、特にコントをするグループが意外と音楽寄りのネタをやっていて
そこは音楽好きとしてはうれしかったです。
歌を使っただけのただのコントになる可能性も十分にありえたので。

個人的に応援していたマキタスポーツは、アクシデントがあったり、
ネタのチョイスが客層に合っていなかったりと
(3分という尺を生かすには、大ネタ1本の方が良かったと思う)
今日は彼の日じゃありませんでしたね。
もともとマニアックすぎるので、どう大衆受けさせるかは
彼の積年のテーマなのだと思いますが。

おそらく多くの人が語っているであろう、初見参の矢野号。
メトロノームというミニマムな音素材を使って、
トランス感を出す笑いは、ほとんどの人が初見だったこともあり、
インパクト大だったと思います。
彼の課題は、メトロノームのテンポがおそくなるところ。
速くするのと違い、遅くすることで笑いを生むのは非常に難しい
とは思いますが、そこをもう一工夫すれば
彼の芸はもう一段階上がるのだと思いました。
(非常に上から目線で失礼ですが)

優勝したすち子&真也は、吉本新喜劇で(関西の人には)おなじみですね。
やっぱり突っ込みの人かいると安定感があるなあと思いましたね。
笑いのポイントを説明してくれますからね。
(すち子さんの突っ込みはそこのところ非常に丁寧でした)
ネタ自体はオチが見え見えの定番でしたが、その中でもビジュアル系の特徴を取り入れたり
いろいろ工夫しているところが聞きどころありました。
分かりやすくて、意外と奥が深い。最大公約数的に彼らの優勝は納得です。
(個人的にはななめ45°でしたけど)

今回、音楽をめぐる笑いの切り口の多さを楽しめましたけども、
まだまだ開発されていない切り口はたくさんあるはずだと思います。
回を重ねるたびに、新たな切り口がどう見えてくるか、楽しみにしたいです。
posted by なんくい at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック