2014年08月16日

夏のJ-POPカヴァー祭り2014

私、こういう祭りごとに疎くて、うっかりスルーしてしまっていました。

ニコニコ動画で「夏のJ-POPカヴァー祭り」というのが恒例の企画になっていた
そうなんです。この企画、マイマイさんが企画されたものだそうで、要は
ニコニコ生放送の番組で紹介するために募集をかけられているそうなんです。
今年の告知はコレ↓
夏のJ-POPカヴァー祭り2014

実は私の仲間内でこの話題が出たとき、私はとっさに「反則技みたいなもの
(要はパクリ暴露ネタ)ならあるけど」と答えたきり、あんまり参加する気も
起こらず、スルーしてしまっていました。というわけで、お詫びの意味も込めて
ここに、いくつかの作品を紹介させて頂きます。



先ずは定番モノから。プリプリの「Diamonds」のカヴァーですね。手がけられた
のは「おりょう」さん。原曲に忠実ですが、音色の選択にセンスを感じます。

と思ったらなんとメロコアバージョンも!ボーカルは「mike」さんだそうです。


最初は直球から、と思ったらいきなり変化球が来てしまいました。ついでにこんな
試みも。SMAPの「オレンジ」のカヴァー。手がけているのは「あみ(アイワナP)」さん。


これ、仲間のボカロP達に歌わせているそうな。お祭り感が出て楽しい試みです。

次は大好きなスピッツのカヴァーを。先ずは「薄塩指数」さんによるスパイダー。


なんとミドルテンポの重厚なロックに! でも個人的には後半のビートが入った
部分の方が好きだなあ。

次は「SaiNa」さんによる渚のカバー。


ピアノ中心のカヴァーですが、わりと原曲に忠実な気もしますね。

続いては、最近このブログでもおなじみになっている「equi」さんも参戦。
なんとWANDSを取り上げています!


WANDSってこんな過激な曲出してたんだ、というのが先ず驚き。特に歌詞がキテ
ますよね。アレンジワークは、equiさんの近作に通じる味わいを持っています。
最近はこういうモードなのかも。

続いて。なんと佐野元春さんの「コンプリケイション・シェイクダウン」に挑戦
された方が! 「ヒーリングP」さんが手がけたカヴァー。


お見事の一言!!! ちゃんと2014年の「コンプリケイション〜」になってます。
それも1984年当時の革新性をそのまま感じ取れるという意味でも!!

選曲の妙ということで言えば、このブログの読者にファンが多いであろう
Cymbalsのカヴァーが! 「ファーマP」さんによるShow Business!



これはかなり完コピに近いですね。

選曲シリーズ続けます。「うんこ」!!! ご存知ですか? 森山直太郎の。
「ZERO2MIX」さんによるカヴァーです。


ギタポになってました。はい。

きりがないので、あといくつか紹介して今日はおしまいにします。
先ずはおなじみ「真神稲荷」さん。何かたくらんでおられるようでしたが。


いわゆるマッシュアップネタですね。これは数ある出品の中でも
インパクトがあったのではないでしょうか。

最後は主催の「マイマイ」さんの出品を。宇多田ヒカルさんの
「(Final)Distance」のカヴァーです。


うん。カヴァーってのはこういうのを指すんだよなあ、と思いました。
原曲はピアノバラードっぽかったけども、全然違う曲になってます。

すみません。まだ全然聴けてないですが、楽しい試みの一端でも感じて頂けた
でしょうか。本当はニコ生を見るべきなんでしょうけども。いや、参加すべき
だろう!とツッコミを受けそうですね。

分かりました。私なんくい、来年こそは参加します!
(その為には動画を作れるようにしなきゃ)

これは今から宣言しておきますかね。来年はスピッツの曲で行きます。そして
王道カヴァー、決して変化球を用いずに、原曲の良さを生かしつつ、原曲とは
全く異なるアレンジで挑戦いたします。「カヴァーとはこういうものだ」という
私なりの考えを反映させようかと。(皆さんの作品を聴いていろいろ感じるところ
があったので)

ちなみに、こういうカヴァーの投稿、著作権的にはどうなのか、と思う方もいること
でしょう。実はOKなんですよ。原曲を許可なくアップするのはダメなんですけども、
アレンジバージョンはOK。というのもニコニコ動画が包括的に使用料を払っている
からなんです。(YouTubeも。そういう取り決めに最近なったそうです)

ですので、こういうお祭りはどんどん開催されるべきですね。私も、あまり疎くならない
ように情報をチェックしておかないとですね。
posted by なんくい at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック