2015年07月27日

渋谷系リバイバルの新星たち

このブログ、最近は渋谷系リバイバルの機関紙みたいになっていますね。
もともと渋谷系ど真ん中のリスナー遍歴でしたから、最近の隆盛が歓迎すべき
事態で。どうしても取り上げることが多くなっています。まあ好きな音楽は
別に渋谷系に限らないんですけどね。もともt渋谷系自体、偏見なく多様な
音楽を聴き倒そうというムーヴメントだったわけですが。

ところで最近は「シティ・ポップ」のブームなんて言われていますよね。
私の見立てでは昨今の「シティ・ポップ」は多少なりともスウィート・ポップスの
ニュアンスのある人達がまとめられているカテゴライズなのでしょう。
私にとって今のシーンでのシティ・ポップの担い手は一十三十一さんとか
ジャンク・フジヤマさん辺りになるんですけどね。

今日はその辺りの新しいアーチストで、私なんくいの気になっている人達を
一気に紹介するという記事になります。私自身の備忘録も兼ねてww でも
全部私の目利きを信頼して頂きたい、粒ぞろいの素晴らしいアーチストですよ。

最初に紹介するのは西恵利香さん。この人の1stシングルが素晴らしいんです。


うわあまさにシティ・ポップど真ん中ですなあ。先ほど名前を出した一十三十一さんや
馬渡松子さんを彷彿とさせるスケールの大きさを感じさせます。

この人、調べたら元AeLL.というアイドル・ユニットだったそうで。ただAeLL.をやりながら
Erikaという名義でソロ・デビューをしていたそうですね。この路線、絶対重要ありますから
長く続けて頂きたいですね。

続いてもシティ・ポップっぽいかも。何しろ名前がCittYですから。


古き良き時代の空気感を濃厚に感じさせる、オーガニックなサウンドが心地良いですよね。
この曲は高野寛さんプロデュースということで、そこからも日本のポップスの正統なる
継承者という印象を受けるかも知れません。

この人達の前の音源もYouTubeの公式チャンネルで聴けます。良かったのはコレ。


こちらの方がねじれポップスの味を感じさせる(それこそ高野寛チルドレン)かもですね。
Bメロの転調する展開なんか清水ひろたかさん辺りを引き合いに出したくなります。
こちらもまだ活動歴も浅く、音もそんなに出てない存在ですので、今後が楽しみです。

今回、本当に新人さん特集に近い。続いてはLUCKY TAPESというバンド。


ゴキゲンなループを前面に押し出したスタイリッシュな楽曲が持ち味のバンド。こういう
バンドも好きですね。てゆーか、シーンにこういうバンド絶対必要だよ!

もう1曲。これはMVじゃないですが、これも公式らしいので。


楽曲も粒ぞろいのようですね。

次は男女4人のユニット、イミシン?です。


これはアガる! 激ゴキゲンなバックトラックにユニークなラップという一度聴けば
恋に落ちること必至なキラー・チューンじゃないですか〜〜〜!!

もう1曲行きます。俄然注目度が上がりますよね。


先ほどの曲のようなキラー・チューンではないけれど、中毒性の高い音楽は健在。
彼らのアイデアの豊富さを感じさせる、これまた期待度が上がるトラックです。

彼らの音は今ライブ会場でしか買えないそうですが、何故かOTOTOYでフリー・ダウンロードが
出来ますので、是非チェックしてみて下さい。「Blooming!!!!」もあります。

最後はシンリズム。これ本名らしいのですが、17歳のアーチストです。


これまた高性能のポップス。流麗なコードワークにクセになるサビメロ。これ17歳って
末恐ろしいですね。この曲、既にラジオでは結構かかっているそうです。

もう1曲聴けます。これがさらに期待度を上げる素晴らしい出来で。


これはかなり実験ポップス。アクロバティックなコード進行ながら絶妙にポップに
着地する手腕は「既に恐ろしい」と言えましょう! この才能が多くのリスナーを
獲得してどう変貌するかも見てみたい!!

いかがだったでしょうか。個人的には大満足の新人さん達でしたが、このブログの読者なら
絶対一組は引っかかってくれるんじゃないかと思いますね。自信を持ってオススメします。
posted by なんくい at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423062160

この記事へのトラックバック