2016年05月30日

ファンキー末吉さん裁判の判決が公開されました!

このブログでもトップ・ページに掲げているファンキー末吉さんの裁判の件。先ずは
第1審の判決が3月に出て、その判決文が先日公開されました。その詳しい検証というか
提言にあたるものは後々書くとしまして、ここでは取り急ぎの報告と若干の私見を述べます。

先ずは判決文はこちらです。
知的財産裁判例 事件番号:平成25(ワ)28704

ただこれは非常に冗長で分かりにくいですよね。解説記事としてバランスが取れている
のはこちらの記事でしょうか。
JASRAC対ファンキー末吉氏の地裁判決文が公開されました

私なりに今回の判決を総括すれば「想定内の負け」ということになるでしょうか。まあ
お金を払わなければならないのは事実ですし、ファンキーさんも「払う」とは言っている
わけですから、その点で「払いなさい」という命令が出るのは致し方ないことです。ただ
それに付随するJASRACの横暴がどの程度立証できるのか、という戦いに(裁判では)ならざる
を得ないわけですから。

その意味では、今回の裁判は「裁判で出来ること」の限界を露呈したものだった、という
ことも出来るのかも知れません。そもそも向こうから仕掛けられた戦ですから、こちら
としては裁判の内容自体にに過剰な期待はかけちゃいけないわけですけどもね。

では、いくつか具体的な論点を拾っていきましょう。この裁判での論点は8点だったそうです。
 1.被告らの演奏主体性(誰に使用量請求が来るのか、の問題)
 2.オリジナル曲の演奏による著作権侵害の成否
 3.被告らの故意又は過失の有無
 4.原告による許諾の有無
 5.権利濫用等の抗弁の成否
 6.差止請求の適法性及び差止めの必要性
 7.将来請求の可否
 8.損害ないし損失発生の有無及びその額

このうち、1・3・4・6・7・8についてはこの裁判での特異なケースであり、当事者
同士の争議にあたるケースなので、個人的には言いたいことはありますが、ここで検証
する事案ではないと考えます。ですから、このブログあるいは読者の皆さんにとっては、
2と5の問題が重要になってくることでしょう。

結論から言えば、そのいずれの点についてもJASRACの主張が認められ、ファンキーさんの
主張は棄却されるという結果となっています。先ず2の「自分の曲を演奏したら著作権侵害
なのかよ」という主張については「JASRACに信託した時点で、著作権者はJASRACになる」
という判断を行っています。これはもう、現状の著作権がそうなっている以上、仕方ない
ことだと考えます。私もこれはおかしいと感じますが、それならば著作権の設計自体を
考え直さなければならない、そういう事案であるということです。

次の5についてですが、この経緯でファンキーさんがJASRACに不信感を抱いたであろうこと
には、裁判官も心情的に理解を示しつつ(それが請求金額から減額された原因でしょう)その
根幹である「分配の不透明性」についてはこの裁判とは別物だという判断をしたようです。
つまり、ファンキーさんや私達が最も問題にしている点については、この裁判では問題にしない
というのです。向こうの土俵で裁判をしているが故の不条理がここに集約されているでしょう。

私としては、この裁判でファンキーさんが勝つことよりも、この裁判を通じて著作権の問題の
不条理を一人でも多くの人に認識してもらうことの方が重要なので、この問題をより適切に
広めていかなれればと強く思う次第です。ですので、それについてはまた作戦を考えたい
ですね。次の検証記事では、そういう意味も含めてより一般的な問題として皆さんに提示する
つもりでいます。とりあえず、ファンキーさんや裁判に関わった方には労いの意を表します。
ここから先は、私達の戦いです。今回の判決を、より多くの人に広めなければなりません。
皆さん、協力お願いいたします!
posted by なんくい at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック