2016年11月30日

サブスク時代の洋楽楽理解説 #10 Aztec Camera「Walk Out to Winter」

ずいぶんごぶさたしてしまいまして。というのも時間が出来た時に限ってパソコンの
調子が悪くなると。。。そんなこんなで2週間も経ってしまい、気づけば今年もあと
一か月。色々言いたいこともたまっているのですが、とりあえず毎月の連載記事である
楽理解説をすませましょう。

今月はアズカメ。初期のネオアコ期のアズカメは日本でも異様に人気で、特に渋谷系界隈
では非常に崇められている存在(それゆえ、その後のアズカメは評価が低い?)だったり
します。特に今回取り上げる「Walk Out to Winter」はその象徴とも言える曲でして、
かせきさいだぁの「冬へと走りだそう」の下敷きになっています。(そしてでんぱ組の
「冬へと走り出すお」はさらにそれを踏まえた楽曲)

楽曲面は後でたっぷり解説していきますが、歌詞も非常によく言及されますね。特に
「Faces of Strummer that fell from the wall/But nothing is left where they hung
(ストラマーのポスターが壁から剥がれ落ち/誰もそこに代わるものがいない)」という
ラインはパンクの終焉とヒーロー不在の(当時の)ロックシーンを見事に描写した、いや
「ヒーローなんていなくていい」という新たな宣言のようにも聞こえて、非常に新鮮
だったんだそうです。個人的には他に「This generation, the walk to the wall/
But I'm not angry, get your gear, get out of here(壁に向かって歩いているみたいな
世代さ/でも僕は怒りはしない。ギアを上げてここから抜け出すんだ)」というラインも
新人類っぽくて好きですね。全体的に、大文字然としたヒーローの時代から、小さな僕たちの
日常こそが主人公、といった趣の新たな価値観に貫かれた、素晴らしい歌詞だと思います。

いかん。つい歌詞について熱っぽく語ってしまった。曲ですね。メジャーセブンスコードを
多用した非常にオシャレな曲調ですね。こちらも細かく見ていくと完璧と言えるほどある
価値観に貫かれていることがお分かり頂けるはずです。では早速行ってみましょう。

イントロもなくいきなりサビの一部が提示されます。このサビも非常に印象的なコードが
使われておりますね。ではそのコードを示します。
  |E|D|C#min7|A#min7-5|
  |Amaj7・D#min7-5|G#min7・C#min7|C7|B7|
冒頭からいきなり一→♭七というオシャレなコード進行。さらにそこから六へいくのも
たまらなくオシャレですよね。ところがそこから次のコードで陰りが出てきます。
これはマイナーセブン・マイナスファイブというディミニッシュ・コードの一種で
位置も一の真裏。しかし前の六の和音の代用コード(1つしか構成音が違わない)で
その流れも自然なんですよね。

そこへ5〜6小節で二拍ごとに細かくコードチェンジをしていきます。そのコードも
Amaj7→D#min7-5という真裏への進行でハッとさせられる部分を含んでいまして。
この進行は、ナポリの二の借用というこのブログでもおなじみのコード進行なんですが、
普通はその場合後のコードが属7になるのですが、ここではマイナーセブンマイナス
ファイブ。それにより透明感が増すような効果がありますね。そしてそのおやっという
コード進行(緊張)を回収(緩和)するD進行の流れが来て六に来るのですが、そこから
7〜8小節目の流れもニクいですよね。要は半音ずつ降りているという。しかも
六の和音はマイナーなんですが、そこから♭六→五と属七を続けるんですよ。それが
ここにビターなテイストを絶妙に入れている。しかもここのメロディも半音ずつ降りて
いるのですが、その降り方も絶妙。それぞれのコードの7度の位置(属七の七ですね)
から6度に。つまり、シックスのテイストも入れているんですよ。そこがタマラナイ
ですね。

いかんいかん。冒頭の8小節だけでアツく語り過ぎた。間髪入れずにAメロに行きます。
というよりこの曲、コーラス(サビ)〜バース(Aメロ)という二部構成なんですよ。しかも
今見ていきますけどもAメロとサビでかなり似たコード進行なんですよ。つまり、同じ
ような日常での細かな変化を描く、というつくりになっているんですよ。なんてゴタク
を並べるよりも、具体的にコードを見ていきましょう。
 |Emaj7|F#min7|G#m/B|G#min7・G#min7-5|
 |Amaj7・D#min7-5|G#min7・C#min7|C7|B7|
 |Emaj7|F#min7|G#m/B|G#min7・G#min7-5|
 |Amaj7・D#min7-5|G#min7・C#min7|C7|B7|
5〜8小節目、そして13〜16小節目がサビとコードが同じ。しかも5〜8小節目はメロディ
までほぼ同じですよね。ですからこの4小節のコードとメロディがイヤでも耳に残るように
出来ているんですよ。それはともかく前半の4小節目の解説をしておくと、基本は一→二→
五→三というコード進行なんですが、3小節目の五の和音がシックスを強調するようなコード
になっている。ここでは五度のF#を奏でていないので、表記として三/五の分数コードに
していますが、そういう次のコードを先取りするような(しかも三のコードなら前からの
つながりで一→二→三と順次上がる進行になる)、あるいはシックスで五のドミナント感を
緩めているような(大きなドラマツルギーを避けるという意味でも必然性がある)意味合いが
あるのでしょう。

そして4小節目の後半に、5度の音がD#からDへと半音下がっている。これにより、一種の
ディミニッシュ・コードのような陰りを生んでいます。このD#→Dという流れは、次の
小節のメロディであるC#を導くという意味もありますが、それは曲が進むことで分かる
ことで、ここ自体は聞いていて「おや」と思う効果があるんですね。細かなところだけども
ここも効いていると思います。

そしてこの4小節間のメロディですが、だいたいBの音のほぼワンノート(アクセントのない
ところでG#に下がったりしますが)それがコードを当たって違う効果を生んでいるわけです。
具体的にはEのコードには5度(やや浮遊感あり)→F#mには11度(かなりヘンな当たり方)
→Bには1度(ここは却ってドンピシャで不安定に感じる。コード自体ドミナントを弱めて
いるので、そこともアンバランス)→G#mには3度(ここで普通な感じに)と、ワン・ノート
を奏でていても色んな効果が出ているわけなんですね。それも、安定→不安定→安定とドラマに
なっているのも面白いです。この曲、ベタなドラマは避けつつ、巧妙にドラマツルギーを
演出していて、ここなんかもその表れなんですよ。

そしてAメロで後一つ述べるならば、後半のメロディですね。13〜16小節目は微妙にメロディが
変わっています。具体的にはC#→D#に上がっているところと16小節目が順次上がるメロディに
なっているところ。いずれも前のメロディより上へと向かうことで、少しだけ熱を帯びている
(この少しのさじ加減も絶妙!)ことを演出しているわけなんですね。

そしてサビ。ここの本サビは冒頭の部分と微妙に異なっています。先ずはコードを見ましょう。
  |E|D|C#min7|F#7add9|
  |Amaj7・D#min7-5|G#min7・C#min7|C7|B7|
  |E|D|C#min7|F#7add9|
  |Amaj7・D#min7-5|G#min7・C#min7|F#7add9|B7add9add13・F#m/B|
4小節目(と12小節目)が二Mになっていますね。これは五の副二なんですが、次に五に行くわけ
でもないのに。ただこれは前の六の和音からのD進行で、ここへは自然な流れなんです。
そしてここから五に行かないのは、次の15小節目への伏線でもあるんですね。
その15小節目〜16小節目はサビ終わりということで二M→五とさすがにここは解決します。
メロディも高いところにいっていますし。しかしここも、ドミナントのコードは非常に
テンションコードで一筋縄ではいかないように出来ていますね。この最後のF#m/Bは
間奏への伏線でもあるのですが、それは間奏のところで解説いたします。

そして2コーラス目ですが、コードは同じですがAメロのメロディが少し変わっています。
Eから下がるというかなり高いところに行っているメロディですね。3小節目からの
D#→D→C#と半音で下がっているところが色っぽいですね。これは半音で下がることで
バックのコードとぶつかって不安定になることから生まれる色気なんですよ。

そしてサビから間奏に行きますが、ここでEmajorからDmajorへ転調します。一音下へ転調
という下がる転調はわりと珍しいですね。まあ冒頭のE→D(一→♭七)を踏まえた転調なん
でしょうが。ただこれも、転調前の和音がF#/Bで、構成音がB〜F#〜A〜C#なので、間奏
冒頭のDmaj7の構成音(3〜5〜7音)と同じなんですよ。ベースだけが3度上がっている。
そうやって転調を自然に聞こえさせる工夫も行っているんです。

では間奏のコードを拾いますね。
 |Dmaj7|Gmaj7|A6|Dmaj7・D7|
 |Gmaj7・C#min7-5|F#min7・Cdim|Emin7・A#dim|Dmaj7・D7|
 |Gmaj7・C#min7-5|F#min7・F#m/B|E7add13・E7|Gmaj7/A・Em/A|
 |F#7add13・F#7|Amaj7/B・F#m/B|

転調しているだけで、ここもあまりAメロやサビと変わらないですね。ちなみにここでは
一→四→五と進んでいます。五がシックスを強調してドミナント感を弱めているところも同じ。
5小節目からの展開も共通ですが、さらにCdimやA#dimとディミニッシュ・コードを使って
いるのが特徴的。ここはD進行の半音上(となると真裏に進行している!)で、ドミナントの
半音上のディミニッシュは属7の代用コードなので自然に聞こえるはずです。そういうお遊びも
含みつつ、二M→五の進行を連ねて再びEmajorに調が上がるという形で(なのでここは2小節
多い)サビへ戻っていきます。

その最後のサビは、そうやって上がってきたからか、G#という高いところを中心にした高い
メロディになっていて、非常にエモーショナルに演出しています。でもここもメロディの起伏は
乏しく、わりとずっとG#へ行ってる感じで、そこもらしいっちゃあらしいですね。そんなに
大文字のドラマに走らない。そこが、ネオアコの価値観なんです。

そしてアウトロのコード。
  |E7|D7|C#min7|F#7add9|
これの繰り返し。面白いのは前半の2小節が属7になっているところですね。こういうところで
微妙にロックっぽさを演出しているのもカワイイです。でも最後はC#min7→F#7add9→Amaj7
→Emaj7と、やっぱりメジャーセブンで終わる。この辺、ネオアコの矜持ですかね。(多分ウソ)

いかがだったでしょうか。今回はかなり熱が入った解説でした。好きな曲というのもあるのですが。
まあ楽理解説は、基本好きな曲しかやらないですけどね。次回は今年最後。何となく今年を象徴
する感じがする曲wwでTears For Fearsの「Everybody Wants To Rule the World」を取り上げます。
TFFは他に解説のしがいのある曲がたくさんあるんですが、あえて有名曲でいきます。知らない
人はいないと思われる曲ですが、一応予習でもしておいて下さいね。
posted by なんくい at 11:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってました!
私、Prefab SproutもAztec Cameraも大好きなもので。

この曲、メロディーの起伏はそれほどないのに細かいコードチェンジがクセになります。不思議なカード進行だなと思っていたのですが、少し謎が解けました。最後のサビの上がるところとか、アウトロとか、そうだそうだと納得しました。
次も大ネタですね。期待しています。
Posted by チーボー at 2016年12月03日 16:35
待ってました!
私、Prefab SproutもAztec Cameraも大好きなもので。

この曲、メロディーの起伏はさほどないのに細かくチェンジするコード進行が面白いですね。不思議なコード進行だなと思っていたのですが、謎が解けました。最後のサビの上がるところとか、アウトロとか、そうだそうだと納得しながら読みました。

次も大ネタですね。期待しています。
Posted by チーボー at 2016年12月03日 16:43
>チーボー さん。

コメント有難うございます。この曲のコード進行は、ホントにホントに好きでして。今回解説出来て幸せです。

TTFは「Mothers Talk」辺りをしたかったのですが、結局有名曲に挑戦します。お楽しみに。
Posted by なんくい at 2016年12月05日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック