2017年02月27日

サブスク時代の洋楽楽理解説 #13 Nirvana「Smalls Like Teen Spirit」

月1連載の楽理解説。今月はニルバーナですよ〜。

この連載も13回目。ということはもう1年やってるんですね。2年目もよりディープに
行きますので、よろしくお願いします。

で、今月はNirvana。グランジの象徴、いや90年代のオルタナ革命の象徴と言える存在
ですね。あまりに象徴的な存在になってしまって、あまり音楽的に語られなくなっている
きらいもありますが(文学的にはありあまるほど語られていますが)出てきた当初は
結構「音楽的に面白い」みたいな語られ方をしたんですよ。

彼らの音楽的特徴としては、バース〜コーラスの対比(バースで静かにやっていて、コーラス
で爆発するという手法)やパワーコードの存在がよく挙げられます。その辺りの特徴から
グランジというのは音楽的には単純な部類に入る、みたいな捉えられ方をさらげちなんですが、
いえいえ少なくともNirvanaに関しては、非常にユニークな音使いをする人たちで。もし
彼らがもっと「音楽的に」語られていたなら、カートもあそこまで苦悩しなかったかも、
なんて完全に妄想ですね。

さて、そろそろ楽理解説にいきます。彼らが一気にスターダムに引き上げたこの曲
「Smalls Like Teen Spirit」。もはや説明の要もないですが、この曲ですね。


これ、イントロのコードをほぼ楽曲の全編にわたって続けるわけです。従って、この4コード
がこの楽曲のキモなんですが、これが非常にユニークなんですよ。
  |F|B♭|A♭|D♭|
これ、全部パワーコードなのでメジャーかマイナーか曖昧になっているんですが、他の音の
使い方から明らかにマイナーだと解釈できます。とすると、前半の2つ(FmとB♭m)が
マイナーコードで、後半の2つ(A♭とD♭)がメジャー・コードということになります。
これらのコードは、Fminorで言うと一→四→三→六というコード進行になります。この
三→六というのが奇妙な明るさを生んでいる原因になるのですが、普通は短調で三→六と
行くとその後に二→五と解決して一に戻るのですが、ここでいきなり(ベースは時たま五の
音を辿ることもありますが)一に戻ることで中途半端に話が終わっているような印象を与えます。
つまり、後半の2小節でヘンな方向に進んでいるような印象を受けるわけなんですね。

繰り返しますが、この曲が持つ奇妙な明るさは、実はパワーコードが原因というより、この
三→六のコードによる方が要素として大きいと私は考えます。非常に絶妙な4小節のリフですね。

そして、このリフに乗ってイントロで一回派手に盛り上がります。といっても特に音を加える
わけでなく、その4小節のパワーコードをギンギンに弾いて(リズムもガシガシ攻めて)圧を
加える。これが、グランジスタイルなんですね。

そしてそこから一転して静かなパートに入ります。16分音符を意識したフレーズから、ベースは
4分打ちになり、そこへギターはC→Fという音を静かに(かつ不気味に)奏でます。それに
乗って、バースのメロディが入ってきます。このメロディも非常に分析のしがいがあるのですが、
この記事は著作権にかからない範囲で行っていますので、少しだけ書きますね。色々面白い
ポイントはあるのですが、中でもキモはメロディの終わりがGだということですね。これが
バックのFのコードに対して9度になっているわけですが、メロディが主音やその和音の構成音
で終わらないというのも、このメロディに中途感を与えているのです。そしてこのGの音は、
次のブリッジのパートで非常に重要な役割を果たすのです。

そして「Hello, hello, hello, how low」という有名なブリッジのパートに行きます。実は
この曲はバース〜コーラス構造でなく、間にブリッジを挟むつくりなんですね。Jポップ的な
Aメロ〜Bメロ〜サビ的な。このパートが、楽曲全体の中でも非常に効いているわけですわ。

というのも、ここで先ずAメロで単発だったC→Fというギターの単音リフが、ずっと鳴り続ける
ということになります。そこで、コードとの絡みが変わってくる。最初のFmについては5度〜
1度ですが、次のB♭mについては9度〜5度とCの音が少し面白い当たり方をそ、次のA♭
に対しては3度〜6度と今度はFの音が少々ユニークになり、最後のD♭では7度〜3度と
Cの音がぶつかり気味(メジャーセブン的になるのですが)と、2小節目と4小節目で少し
ユニークな響きになる。それに対し、メロディはA♭からGの音を繰り返すわけですが、特に
Gの音がメインになっていて、それぞれバックのコードと面白い当たり方をしているのです。
先ず最初は9度、次のB♭で6度、次のA♭で7度(メジャーセブンだ)、最後のD♭に
至っては真裏の音になる。こうしたことで、だんだんに不協和音的な緊張感が溜まっていく
つくりになっているわけです。それに妙なところへ行って解決しないコード進行の繰り返しと
相まって、ここのパートでだんだんに緊張感が蓄積されてくるようになっている。ただ静かな
パートから激しいパートへ移行するわけじゃないんです。間のブリッジで緊張感を溜める構成に
ちゃんとなっている。だから、ドラムフィルからのコーラスがカタルシスをもたらすわけです。

そして、ガシガシに盛り上がるコーラスですが、これがアウフタクトから奇数小節の前半に
かけてメロディが分布するようなつくりになっている。ですから2〜3小節目、そして4〜
1小節目というコードとメロディの絡みになっている。それで、2〜3小節目のF♭m〜A♭
のところでメロディは高揚し、4〜1小節目のD♭〜Fmのところで少し落ち着く、という
つくりになっているわけです。つまり、エモーショナルになるポイントでバックのコードが
メジャーになるという仕組みになっていて、それがこの曲に奇妙な明るさを与えている。
その明るさがかえって不気味ではあるのですが。

そして、コーラス終わりで、この曲で唯一コードの異なる箇所が出てきます。
それが、F→F#→C→B♭・A♭というコード。ここでは2小節目のF#でしょう。
これはナポリの二でして、これがパワーコードで出てくることで不気味さを演出していると
言えるでしょう。しかもここでブレイクになり、ここのコード感を強調しています。さらに、
ブレイクのところのギターはC→D♭とポルタメント的に音をしゃくり上げていて、しかも
そのうちのCの音がバックのF#の真裏ということで、不気味さをこれでもかと演出しています。

楽曲としては以上になりますね。後はその繰り返しですから。ここまで見ても、なかなか
巧みに出来ていることがお分かりできるでしょう。実はこの曲、わざとバラードっぽく
カバーしたりすると、楽曲の普遍性がよく分かったりします。そういうカバーも貼っておきます。



それと共に、オリジナルのアレンジの巧みさ、というかその時代性というのも浮かび上がって
くるように思えます。やはり、時代を象徴する曲って分析のし甲斐がありますね。

次回は3月の下旬。ということで春らしい選曲にしますね。Smokey Robinson & The Miracles
の「More Love」をお送りする予定です。スモーキーも有名アーチストですが、聴かずにいる
方も結構いらっしゃるのではと思います。それに、割と有名な曲にしましたが、超有名曲
ではないので事前に予習をよろしくお願いしますね。
ラベル:楽理解説 Nirvana
posted by なんくい at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック