2017年05月05日

オトナになったさくらしめじ

今日はさくらしめじについて書きます。

一年ほど前に彼らのことを取り上げたのは、少しキワモノっぽい扱いでした。
こんなタイトルの記事でしたから。
中学生男子に萌えるなんて!

この頃の彼らは存在のカワイさが表面に出ていて、楽曲もそんな彼らの魅力をプレゼン
する曲、という位置づけったわけです。まあ平たく言えば、そんなイイ曲ではなかった
よね、というわけ。

そんな彼らがいよいよ中学生を卒業したということで、そんな彼らの現状を紹介します。
先ずは今回発売されるミニアルバムに先駆けて公開された新曲(ライブでは披露されてた
そうですが)を聴いてみましょう。



ちょっと楽曲が良くなっていません? 彼らが声変わりしてオトナな声になってきてる
だけでなく、思春期の痛みに寄り添った歌詞に、陰りがいい具合に含まれた楽曲。
こんなイイ曲を歌う子だったんだ?と新鮮です。やっぱイイ曲歌わせてあげないとね。

そして彼ら自身の卒業にも合わせた卒業ソング。



これは彼らが初めてドロップする名曲と呼んで差し支えないでしょう。Bメロでの
雅功くんの低音にドキっとしつつ(でも非常に堂々とした歌いっぷり)控えめに
センチメンタルなメロディに切なくなる。この温度感が今なんでしょうね。

さて、かように「期間限定的な萌え」は終了しつつある彼らですが、それと共に
新たな魅力が立ち上がってきているのはサスガですね。その「新たな魅力」について
少し語っておきたいなあと思います。

さくらしめじは草食系の代名詞と言われています。ただ、草食云々というのも外から
彼らを見たパブリック・イメージに過ぎず、いや草食と見られる人にだって熱い思いや
青春の悩み、痛みといった感情はあるでしょうし、それを彼らなりに表現していけばいい。
そういう意味では、さくらしめじの二人は同じように草食と見られる人種の人達にとって
ある種のロール・モデル的な役割を果たすのだろうと思われます。

ただ、そういった表現にたどり着くのに、彼らがオトナになるというだけでなく、ここまで
係ったということの重みを、もう少し皆さんに噛みしめて頂きたいなあと私は思うのですよ。
というのも、草食系=フォーキーというパブリック・イメージがあるがゆえに、彼rは簡単に
その類型に乗ることが出来なかったわけです。

彼らの楽曲に触れていくと、従来的なフォークの類型を注意深く避けているような印象を
抱かれることでしょう。彼らは単純にゆずのモノマネをするわけにはいかなかったのです。
面白いことに、90年代以降の路上フォークブームでブレイクした人たちって、実は草食系
とは違う人達だったんですね。ゆずは好青年風ですし、19はヤンキー、コブクロは芸人的
という佇まいでした。彼らは人種とやっている音楽とのギャップという面で(も)新味を
出すことが出来た。なので、彼らはただフォークをやればいいのではなくて、そこに
彼らなりのオリジナリティーを出すことが必要だった。

彼らが「声変わりしてない男の子の魅力」というキャッチーさを纏ってデビューできたのは
そういう意味では幸運だった、のかも知れません。彼らの音楽性がYUI以降の平熱的なギター
女子meetsアニメ・アイドルソング路線(mixとか打ちやすい楽曲構造)といった趣になったのは
そういう彼らの魅力をプレゼンしようという意図があったのでしょう。それが、大人になる
苦みを入れていこうという中で、豊饒なJポップの歴史遺産にリーチしている、というのが
彼らの音楽性の現状だと分析することが出来ます。

彼らがこれから、高校生〜大学生(いや、学生にならずにプロになるのかな?)と年を経ていく
につれて、新たな草食系男子のパブリック・イメージを打ち立てることができるか。当ブログでも
これからの彼らに注視していきたいと思います。
ラベル:さくらしめじ
posted by なんくい at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック