2017年03月31日

サブスク時代の洋楽楽理解説 #14 Smokey Robinson & The Miracles「More Love」

春ですねえ。こんなうららかな日には、私はスモーキー・ロビンソンを
聴きたくなります。

サブスク時代の洋楽楽理解説。昔の洋楽の紹介も兼ねて、その楽理的な部分を
解説するという体で連載を行っています。今回は春になるということで、かねてから
紹介したかったスモーキー・ロビンソンを取り上げます。大好きなんですよ。特に
Smokey Robinson & The Miracles名義の1960年代後半の音が、一番の好みです。

スモーキーはモータウンの第1号アーチストとして、ミラクルズでの活動だけでなく
ソングライターとしてのモータウンのアーチストにたくさん名曲を書いていまして、
文字通りベリー・ゴーディJrの右腕的存在だったと言えるでしょう。

もちろん今回楽理解説する通り、ソングライターとして天才的なんですが、彼の
アーチストとしての魅力は先ずそのボーカルですね。代名詞と言ってよいファルセット!
甘い歌声に身も心もとろけそうです。

それと共に私が大大大好きなのがリズム隊。ですので「Ooh Baby baby」のようなバラード
よりもビートのきいた曲の方が好きなんです。「It's a Good Feeling」なんで最高じゃん!
イントロでベースがドライビングするだけで心が沸き立つし、そこにドラムのフィル・イン
が入るだけで恋に堕ちるような気分になります。

ここのリズム隊をもう少し誉めそやすと、例えば「I Second That Emotion」のような
16ビートものでも真価を発揮するんですよ。私が最初にスモーキー関連で心を奪われた
のは、実はモータウンのクリスマス・コンピレーションに収められた「ジングル・ベル」
のカバーだったりするんですが、これも16ビートで演っていました。腰に来るビートも
得意なんですよね。

この連載を楽しみに読んでくれている方やソウル・ミュージックに精通していらっしゃる
方には説明の要はないですが、そうでない方は是非是非彼らの素晴らしい楽曲に触れて
頂きたいです。本当、惚れてまうでー!

今回取りあげる「More Love」も代表曲の一つで、人工に膾炙しているほどではないですが、
ファンの間ではおなじみの有名曲の一つです。私に言わせるとこの曲は典型的な「寸止め曲」
でして、先述の「It's a Good Feeling」や「My Love Is Your Love(Forever)」が恋に堕ちる
気持ちが全開になった曲だとすると、この「More Love」はその手前というか、恋の予感の
ざわめきをパッケージしたような楽曲だと私は勝手に考えています。そういう瞬間もまた
サイコーなんだよね。ただその魅力というのはちょっとオトナ向きかも知れないですね。

では、早速楽理解説に入りましょう。ピアノによるコードバッキングから始まりますね。
ここではEmaj7→Dmaj7→F#min7→Emaj7と甘いコードの連打です。メジャーセブン
ですからねえ。また、一→♭七→二→一(あ、ここでは文字化けを避けるためにコードは
漢数字表記です)という甘さだけが際立つコードの運びでもあります。
それを2回繰り返した後にベースやストリングスが入ってきます。一応Eのコードでは
あるんですが、それをベースにF#min7(二の和音)が乗っかる瞬間もあります。そして、
A→G#mとすなぎのコードがあって、歌に入ります。

さて、ここの歌のパートですが、楽曲の構造が結構微妙なんです。ですが大きくとらえると
一応ヴァース→コーラスの構造と取れるので、一応そのように便宜的に分類して解説を
進めます。それで、ヴァースのコードはこうなっております。
 |F#min7|F#min7|Emaj7|F#min7|
 |F#min7・A|B・C#|F#min7|A・B|

前半の4小節が導入部で後半の4小節がブリッジ的な機能を持つパートと言えるでしょう。
前半がゆったりコードが動いていて後半がたたみかけるようにコードチェンジするので
ワタシはここのヴァースが12小節なのかと勘違いしておりました。ちゃんと数えると
上記のとおりちゃんと8小節なんですね。

最初の4小節は、まあ典型的な二→一というコードの動き。甘いコード感を出す代表と言って
いいコード進行です。中途で始まり一に解決するという形も甘さを出しますし、しかも本来
二→五→一となるところ(これだけでも甘いコード感があるのですが)を五を省略することで
さらに甘さが際立つ(輪郭がぼやけるから、でしょうね)コードになっています。

そして2小節ずつ動いていた(4小節目にはなぜか二に戻っていますが)のが2拍ずつ
動いていて急に動きが速くなる後半4小節ではコード展開的にも動きが出ています。ここは、
二→四→五→六Mというつくりなんですが、これF#minorとして考えると一→三→+四→五と
ドリアの四を使っているという解釈になるんです。5小節目に感じるいなたさはそこから
来ているんだと思います。そしてその2小節が2回繰り返すつくり、でも2回目は六Mに
行かずに二→四→五で止まっている。ただドミナントで終わっているので次に一に行くと
思わせておいて、次のコーラスに行くんです。

コーラスのコードはこうなっています。
 |F#min7|F#min7|F#min7|Emaj7|
 |F#min7|F#min7|F#min7|Emaj7|
 |C#|C#sus4・C#|

ここは10小節なんですね。ただこれも、4小節のパートが2回繰り返され、そこに
つなぎに2小節が加わっていると観た方がよいでしょう。その4小節のパートですが
ここも二→一のコード。ただし2小節交替ではなく、二のコードを3小節間引っ張って
4小節目に一に解決するというつくり。メロディも1〜3小節目は同じフレーズの
繰り返し(3小節目に動きが出てきますが)。つまり、ヴァースの導入部の引き延ばした
形になっているんですよ。おまけに9〜10小節目のC#も、ヴァースの6小節目に出てきた
6Mの形。それもヴァースでは2拍分の長さだったのを2小節に引き延ばした(そのため
途中でサスフォーなんかを絡めていますが)形。つまり、つなぎの部分もブリッジ的に
作られたヴァースの部分をしつこく引き伸ばしたようなつくりになっているわけです。

そしてコーラスが終わると間髪入れずにまたヴァースが始まりまたコーラスへ、と2コーラス
分間に何もなく繰り返されるのです。ただその間に音も加わっていきボーカルも高いラインを
なぞるようになり、だんだんと高揚していくのですが。ただ楽曲構造的に見ていくと、ふらふら
と色んな所に行きつつも基本は同じところをぐるぐると回っているだけのコードなんですよ。
それが繰り返されている間にだんだんと高揚していく。甘い恋の予感のようなものがだんだん
高まっていく。最初に「寸止め感」とか「恋の予感をパッケージした」と形容しましたが、
それが楽曲構造的にも裏付けされているわけです。見事というしかないですね。

それがさらに決定的になるのは、2コーラスが終わってから。イントロのベースと
ストリングスが入ってくるところの再現の後、半音調が上がるんですよ。その転調を
トランペットのハイ・トーンが盛り上げる。ところが一方で、ギターとベースは一番最初の
イントロでピアノが奏でていたコードを1(当然半音上で)再現しているわけです。

そして半音上がってバースとコーラスに行き。コーラスがリピート&フェイドアウトで
曲が終わっていきます。恋の予感が高まったまま、楽曲が終わっていくわけです。
(実際は強烈な求愛の歌、なんですけどね)

さて来月もソウル・ミュージックの巨人を取り上げます。Curtis Mayfield!!! 何を
取り上げるかさんざん迷いましたが、難しいのを承知で一番好きな曲にします。
来月は「Move On Up」1970年の「Curtis」に収められたExtend Versionを是非聴いて
おいて下さい。まあこの機会にCurtisのカタログにも是非触れて下さいな。
posted by なんくい at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック