2017年06月01日

祝30周年!エレカシの極私的30曲(21)さよならパーティー

エレカシの極私的30曲。今回からはユニバーサル期。つまり今につながる黄金期の
到来です。でも、移籍第1弾の「俺たちの明日」でなく、そのカップリングに
収録されている「さよならパーティー」をお送りします。

この曲は「俺たちの明日」同様、非常にポップでとっつきやすい曲調なんですが、
でもエレカシらしい堂々としたロック・ナンバーでもありますね。それは「俺たちの明日」
もそうなんですけども。

それよりもこの曲で新鮮なのは、曲のテーマですね。パーティーなんてつまんないから
二人で抜け出そうって、ロックの定番的なテーマですよね。でも意外とこれまでのエレカシは
そういったロック的なクリシェをまりやってこなかった印象があります。こういうテーマの
名曲というと、忌野清志郎さんが篠原涼子さんを招いた「パーティーを抜け出そう」という
曲があります。これは「パーティーを抜け出そう/脱走」という清志郎さんらしい言葉遊びが
印象的です。

で、出来はというと、聴いて頂ければ分かる通り、紛うことなき名曲。クリシェをやっても
見事にハマるんですね。ただ実にエレカシらしい味付け(「ねぐらへ帰れば〜」ですから)
ではあるんですが。そういうエレカシ的語彙に、クリシェ的なテーマが出てくるのが、当時
非常に新鮮だったことを覚えています。

実はこれ以降のエレカシ(というか宮本さん)は、てらいもなく定番的なクリシェもどんどん
解放していくんですよ。歌謡曲的な教養も出していきますし。アルバムではユーミンのカバー
もしていますからねえ。それがまた良かったりしますし。

アルバム「Starting Over」は個人的に思い入れの深いアルバムで、たくさん紹介したいの
ですが、例によって巻くのであと1曲です。
posted by なんくい at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック