2017年07月11日

アイドルに「哲学」って?

哲学というものは、言語の明瞭さを使って世界を暗くする営為だと私は考えています。
ここでポイントなのは、世界を「暗くする」ということ。「明るく」ではないところに
重要な意味があるのです。

よく哲学の本を読んで「よく分からない」と文句を言う人がいるんですが、実はその人に
哲学が「正しく」作用しているんですよ。ただ、その状態が意味あることなんだという
ことが教育できていないだけで。混迷の度を深めるこの社会で、あるいはシンギュラリティーが
現実化しそうな現在、私達の身の回りの「分からなさ」に向き合う哲学は、今後重要性を
増すことでしょう。

いきなり哲学についての個人的な考察から始めたのは、何を隠そう、本稿の主人公である
「フィロソフィーのダンス」についての考察につなげたいからです。もう彼女達のことは
これを読んでいる皆さんの中には、私なんかよりも詳しい方も沢山いらっしゃるでしょう。
念のため、知らない方のために音を貼っておきます。





いわゆる楽曲派()と言われるアイドルの現状における代表格といっても過言でないでしょう。
ファンクを中心とした80s洋楽テイストは、Especiaの不在を埋める存在となっている、という
見立ても出来るのかも知れません。(実際、ペシストさんが流れている部分もあるみたい)

ただ、Especiaが実は一筋縄ではいかないグループだったのと同様、フィロのス(フィロソフィー
のダンスをこう略する)も実は一筋縄ではいかないグループなんですよ。実際は安定感ある
「安心商品」的な需要のされ方をしていると思うんだけど(まあここまで、見事に外してない
からね)というのを、ここから書こうかと思います。

先ず「Funky But Chic」という秀逸なグループ・コンセプト。これは音楽性の説明でありながら
グループ自体のコンセプトも説明しているという優れものですね。「Chic」というとあの
グループへのオマージュも感じますし。熱情とクールネスという対比の意味も込めている。

ただ、ここでのポイントは「But」だと思うんです。「Funky And Chic」でなく「Funky But
Chic」! そこには対立する要素がただ共存しているのでなく、ある種の緊張感をもって
併存しているという含意があると考えられます。

その構造はバンド名にもあるように感じます。というのも「フィロソフィーとダンス」でなく、
「フィロソフィーダンス」。ちなみに英語では「Dance for philosophy」
直訳すると「フィロソフィーのためのダンス」あるいは「フィロソフィーに向けたダンス」。
ここにも、なかなか一筋縄ではいかない構造が、ほの見える。(あ、ちなみに「フィロソフィー」
とは「哲学」のことです)

そもそも哲学というものも、伝統的にただの座学というより実践を重んじる傾向があるよう
なんですよ。各人が生活する現場を重視する。それでいて、単なる実学ではなく、その生活の場
から切り離した考察(その典型が形而上学)も同じく大事にする。言ってみれば、その両者が
円環構造のように行き来する。そういうあり方は、彼女達の現状を上手く表しているように
思えるのです。

今は「アイドル冬の時代」に差し掛かると言われ、またアイドルとアーチストの境目という
のもよく分からなくなってきている時代です。結局東京女子流もTIFに出るしね。そういう
混迷の度を深めるアイドル・シーンに、加茂啓太郎というブランド・ネームと、ライブ・
シーンから2名スカウトしてきたという出自(道理で歌上手いわけだわ)から、いわゆる
アーチスト寄りな扱いを受けるグループではあるでしょう。

ところが、ファンの方ならご存じの通り、彼女達は意外とアイドル的なスペックも高く、
グラビア企画でグランプリを取っていたりなんて実績もあるんです。アイドルの多様性を
体現したかのような佇まいにしろ「こういうアイドルだよね」というイメージを引き受け
つつも、軽やかに裏切るあり方が、非常にクールだし現代的だと思うんですよ。

と言いつつも、フィロのスのあり方自体、完全に新しいというわけでもなく、微妙にNegicco
的だったり、Especia的でもあったりする部分もある。まあいたずらに新しくしようとしても
今は3776(ニューアルバム、やばいっす)とかと対抗していかないといけないですから。そこは
目指さなくてもいいんですけど。

フィロのスを見ていて突出していると感じるのは、足に地がついている感じ。非常に真っ当
なんですよね。別にアイドルかアイドルでないかなんてどーでも良いと思っているような。
実際に加茂さんが「アイドルである方が出ていける場が広がるから」と非常に現実的なことを
言っていましたし。その真っ当さが、現在のアイドルシーンへの批評になりえるくらい、
事態は混迷しているとも捉えられるのですが。しかもその混迷とはアイドルシーンだけでなく
音楽業界全体と考えるべきでして。「ボーカル&ダンス・ユニット」と言っても居場所がない
わけですからねえ。

その意味では、彼女達がここからどう活躍していくかというのは、音楽業界の未来がどうなるか
を占う試金石のような意味合いもあるのかなあと(大げさかも知れないけど)思って見ています。
彼女達、たくさん曲は発表しているので、どんどん音源化してほしいですけどねえ。(その辺の
あり方も結構不思議なんですけどね。未音源化の楽曲が多すぎる・・・)
posted by なんくい at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450809986

この記事へのトラックバック