2020年08月31日

本日の1曲20200831 connie「笑顔をつれて」

(「さかさま」と「Sneakers!!!」については、ちゃんとレビューしますのでもう少しお待ちを。このマキシシングルはNegiccoにとって重要な意味を持つと考えるので、ちゃんと位置づけたいと思っています)

今日はconnieさんのアルバムを取り上げます。今週発売されてそんなに話題になっていないですが、これは、みんなの大好きなconnieさんですよ。前作はクラブ仕様のポップスを追求していて非常に意欲的な作品だったのですが、今作はむしろ太陽の出ている時間帯が似合う、陽性のポップスが並んでいます。

どの曲も素晴らしいので全曲取り上げてもいいのですが、1曲となると個人的なベストトラックはまめぐさんが歌った「君とLove With You!」(7年後の「あなたとPop With You1」という趣)なんですが、それと劣らずに好きな「笑顔をつれて」をお送りします。(と思っているとMVも公開されました!)

今回のconnieさんのアルバムのフィーチャリング・シンガーが発表された時、一番盛り上がったのが「南波志帆」の名前でした。「久々に南波ちゃんの歌が聴ける!」今は司会やアシスタントの仕事がメインになってしまっている南波志帆ちゃん。当意即妙なトーク力も評価されていますけど、やはりシンガーになるべく生まれてきた人だと思うんですよ。何より、非常に魅力的な声を持っていますから。色んな事情があるのかも知れませんが、歌わないのは宝の持ち腐れだよ。

この曲は先ほどから言及している通り陽性のポップスなんですが、その中でも青春ポップスという趣のアツいナンバー。南波ちゃんには珍しい(明るい曲自体、数が少ないですよね)路線ですが、これがまた非常にマッチしている。まあ費用な人だから何やらせてもサマにはなるんですけどね。でもこの曲は「青春」といっても十代のどろどろとした青春でなく、いつまでも青春というテーマの曲。色々経験した後で青春するという爽やかさを湛えていると感じます。それを、南波ちゃんに歌わせるわけですよ。この曲には、connieさんから南波ちゃんへのエールという意味合いもあるのかなあと、勝手に解釈しております。この曲を大事に歌い続けてくれれば、シンガー南波志帆への道も開けてくるのではないか。そんな願いを、私もこの曲に託したくなります。

posted by なんくい at 19:39| Comment(0) | 音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: